講演のことなら、講演の達人。あなたの講演会・セミナーに最適な講師を派遣、ご紹介します。企画・演出からご相談可能です。

講演の達人~講演会・セミナーに最適な講師をご紹介~ 講演の達人お問い合わせ:0120-579-578
お問い合わせ サイトマップ

佐山 和弘(さやま かずひろ)

ジャンル:その他
佐山和弘(さやま かずひろ)

日本一楽しい!遺言書教室

名前
佐山 和弘
ふりがな
さやま かずひろ
肩書き
遺言コンサルタント
紹介

遺言者が涙し、公証人もうなった遺言書起案のスペシャリスト。一人でも多くの人に「遺言力」を伝えることを社会的使命と考え、「心に響く感動の遺言プロデューサー」として全国各地で、遺言セミナーの常識を覆した遺言エンターテイメント「日本一楽しい!遺言書教室」を主宰。行政書士(相続手続き・遺言書起案作成専門)・家族療法カウンセラー・メンタル心理カウンセラーとしても活躍中。

主な経歴
1966年11月愛知県東海市生まれ
1985年4月愛知大学法経学部法律学科入学
1986年9月父親が病に倒れ家業のすし店を継ぐ為中退
1989年9月本格的な修業のため上京(東京日本橋)
1996年8月7年の修業を終え、2代目として実家のすし店を継ぐ
2007年1月父親が急死
※そのときの相続問題で「遺言書」の大切さを痛感。それを伝えるため遺言・相続専門行政書士事務所を開業し、遺言コンサルタントに転身。
2009年1月「メンタル心理カウンセラー」資格を取得
2010年4月「家族療法カウンセラー」資格を取得(共に内閣府認証NPO法人JADP認定)
2010年前期金城学院大学講師(エクステンションプログラム「日本一楽しい!遺言書教室」)
出身地
愛知県
主な講演テーマ
  • 『日本一楽しい!遺言書教室~さあ歌おう!セカンドライフを楽しむため!!~』

    遺言書は生きるために書くものです。死ぬために書くものではありません。遺言書を書くことが皆さんのセカンドライフをより一層エンジョイできる一助になることを確信しています。さあ!私と一緒に歌いましょう!

  • 『日本一楽しい!遺言書教室~財産少ない人ほどなぜモメているのか?~』

    遺言書を書かない危険な言い訳ワースト1が「ウチは遺言書を書くほど財産ないから」です。この言葉で結局相続トラブルの落とし穴に自分の大切な家族を落としてしまっている方が後を絶ちません。この言い訳の大きな誤解に気づいて頂き、大切な家族を守ってほしいのです。

  • 『日本一楽しい!遺言書教室~sos!相続トラブルをぶっ飛ばせ!~』

    遺言力(遺言書のチカラ)というものを知っていただきます。このチカラは非常に強力で、しかも15歳以上であれば、原則誰にでも使えます。これだけの魅力的な力を使わないのは、それこそもったいない!というものです。遺言力を使えば相続トラブルなんて裸足で逃げ出します。

  • 『日本一楽しい!遺言書教室~遠慮は無用!堂々と遺言書を勧めるコツ~』

    残される可能性が高い側(妻や子ども)が本当に知りたいのは、書き方以上に「遺言書をどうやって勧めればいいのか?」ということだと思います。遺言書には、とかく負のイメージが付きまといますから、「遺言書を勧めると財産を当てにしているようでいやらしい」と、自らブレーキをかけてしまいやすく、勧められる側でも、「縁起でもない」と敬遠してしまいがちです。でも遺言書が残されていなかったために相続トラブルになってしまった現場をイヤというほど見ている私に言わせれば、もう「いやらしい」なんて言っている場合ではありません!この講演を聞いてぜひ、堂々とご家族に、遺言書を勧めてください!

  • 『日本一楽しい!遺言書教室~愛を遺しますか?それとも哀を遺しますか?~』

    大切な人を失ったときに家族が受ける衝撃は亡くなる本人の想像をはるかに超えています。だからこそ愛を遺しておく必要があるのです。残された家族がその衝撃を乗り越えるために。「愛を遺す」とはどういうことかをお伝えします。



■講演概要(各テーマ共通)
レジュメをただ読むだけのセミナーとはちがい、クイズ、小芝居、体操、ワークショップ、合唱、ディスカッション、工作等を織り交ぜながらハラハラドキドキ皆さんをどんどん巻き込んでいきますので、楽しみながら知らず知らずのうちに遺言書について学べて頂けると思います。どうぞ!楽しんでいってください!

■内容
<例1>1.遺言クイズ(チーム対抗)2.「人のふり見てわがふり直そう!」事例を紹介しながら遺言書を書くことの大切さに気づいていただく。3.ワーク「形見分けでウオーミングアップ」
<例2>1.ワーク「家系図を作ろう」2.ワーク「相続人は誰だ?」3.ディスカッション「遺言書と遺書のちがい」
<例3>1.ワーク「あなたの大切な人は誰ですか?」2.あなたもつい口走っていませんか?遺言書を書かない人のキケンな言いわけ「財産少ないから」3.ワーク「遺言間違い探し。あなたはいくつ見つけられる?」
※以上はあくまでも一例です。対象者、開催目的に応じた内容構成を致します。またところどころで体操、合唱、一人芝居を入れる場合もあります。時間は60分~半日まで対応可能です。

講演料金
170,000円 (90~120分程度での目安)
講演実績

■受講者の声
・遺言という重いテーマをおもしろく伝えてくれて楽しかった。
・ただ聴いているだけじゃなく途中でクイズや体操などがあって楽しく勉強できた。
・私のことで子どもたちがケンカして欲しくないです。そのためには遺言書を書いておかなくてはいけないと思いました。
・今まで遺言の事など考えたこともなく無知であることを反省した次第です。出来るだけ早いうちに書かねばと思いました。
・「元気なうちに!」の言葉が一番心に残りました。そして「まずは書いてみること、書き直しはいくらでもできるのだから。」ですね。早速書いてみます!
・形式的なもの(遺言書の書き方)を学ぶものと思っていました。このセミナーではもっと深く家族愛にまで迫っていました。
・家に帰ると娘と今日こんなすばらしい話を聞いてきたよと一緒に話し合います。
・クイズ、ゲーム、体操、歌もありで確かに日本一楽しい講演でした!
・最初から最後まで笑わせてもらいました。
・とてもためになりました。人さまにも伝えたい。
・我が家も相続トラブルがありました。もう少し早くお話を聞けていたら良い結果が出たのではと思います。
・先生の一生懸命さに頭が下がります。「遺言書は愛を伝えるもの、愛しているからこそ書くもの」伝わりました。
・自分の心に向き合う良い機会を頂きました。「幸せな人が増えますように」という佐山さんの想いの伝わる教室でした。楽しい時間をありがとうございました。
・家族への愛をあらためて感じとても温かい気持ちになりました。
・講師さんの人柄で楽しく本当にありがとうございました。
・遺言書がこれから生きるためのパワーになる前向きな積極的なものと教えて頂き遺言書のイメージが180度変わりました。
・家族の絆を深めるために遺言書も書いておけば自分の生き方が人生がとても豊かなものになると実感しました。うれしい感動をありがとうございました。
・歌やゲーム体操をとりいれて授業に飽きさせない楽しい内容でよかったです。
・テーマ名のとおり楽しく一日が過ごせた。時間が過ぎるのが短く思えた。
・最初「遺言教室」というと何か暗いイメージをもっていましたが、佐山先生の講座は大変楽しく分かりやすかったです。友人にも受講するように勧めます。早速主人と二人話し合いたいと思います。
・大変よく考えられた内容で素晴らしかったです。講座中着替えたりプレゼントをくれたり飽きさせない工夫がなされており同じ講師として頭が下がります。
・巧みな手法で聴衆の心を掴んでましたので驚きです。内容、表現力ともにすばらしい。
・大変いい勉強になりました。おぼえたことを友達に教えてあげようと思っております。堅苦しくなく、楽しい勉強ができました。

主な著書
メディア出演

フジテレビ 「ホンマでっか!?TV」(遺言評論家として)
「週刊文春」 (遺言専門家として寄稿)
「日経新聞」 (講演『日本一楽しい!遺言書教室』特集記事)
「週刊女性」 (講演『日本一楽しい!遺言書教室』特集記事)

講演会・セミナー・イベント・トークショーの講師派遣・講師紹介なら講演の達人にお任せください!

講演の達人は、独自のネットワークで他の業者にはない講師陣を派遣、ご紹介いたします。
また、数多くのイベント運営のノウハウを有するスタッフが企画、運営、進行までトタールでサポートいたします。
講演・セミナー・トークショー・講師に関する疑問などお気軽にお問い合わせください。ご相談は無料です!

ご相談・お問い合わせは無料です。TEL.0120-579-578
講演の達人~講演会・セミナーに最適な講師をご紹介~